保育情報

2021年度定期利用園児募集中です。
まずはお気軽にお電話ください!
TEL:042-306-5587(担当 渋谷)

新型コロナウイルスの対応について

新型コロナウイルの対応として、厚生労働省のガイドラインに則り、具体例として以下のことを行っています。

  • 手指のアルコール消毒
  • 食事の際は飛沫防止シートで区切り、園児同士の距離を空ける
  • 空気清浄機の設置、湿度の保持
  • 職員の常時マスク着用
  • 玩具、テーブル、スイッチなど人が触れる部分のアルコール消毒
  • 保護者の皆様にはマスクの着用と飛沫防止シート越しでの会話をお願いしています。
  • 登園時に非接触型体温計で検温し、お子様の体温が37.5℃以上の場合は、お預かりを遠慮させていただいています。
  • ご不便をおかけしますが、何卒ご協力をお願い致します。

    こんな方におすすめ

    府中駅近くで保育所を探している。
    幼稚園入園前に子どもを集団生活に慣れさせたい。
    幼児教育に興味がある。
    一週間だけ、数時間だけ、預かってもらいたい。などなど
    多くの方のニーズに合わせて、保育を行っています。

    少人数ならではの保育と幼児教育の取り組み

    家庭的な雰囲気の中で一人ひとりに耳を傾け、少人数ならではの保育を行っています。例えば、ブロック遊びに没頭している子がいれば、少し長めの時間を取り、時にはみんなで大きな おうちをつくり、達成感が得られる機会につながります。他にも、子どもたちが、公園で遊びたいと言えば、散歩コースを変更し、できる限り 子どもたちの意思を尊重することで、自主性や自己肯定感を高め、子どもたちが伸び伸びと生活できる様に心掛けています。
    また、幼児期における経験は以後の社会的対人スキルや学習の伸びに大きな影響を与えると考えられています。園でもより多くの経験ができるように幼児教育として、英語やリトミックに取り組んでいます。幼児期は日本語と同じ感覚で英語を理解する能力いわゆる”英語耳”の力を養いやすく、歌や踊りといったリズムを利用して、楽しみながら英語を学びます。リトミックでは音楽に合わせ、身体を動かし、表現します。リズム感や反射神経、自己表現能力、自分と違った表現を見ることで社会性が身につくといった 多くの基礎能力を培います。

     

    保育理念

    一人ひとりの子どもたちに深い愛情を持って保育を行い、子ども自身が自分を大切にし、人を大切に思え、生きる力を育てていき、保護者の子育てを支えていきます。

    保育目標

    明るく元気な子ども

    人の話を聞ける子ども

    思いやりのある子ども

     

    保育方針

    遊びや生活の中でいろいろな体験を通し、たくさんのことを吸収して成長していく

    自分を大切にし、人の痛みがわかり、やさしく素直な子どもに育っていく

    命の大切さを知り、どんな逆境にも負けず、生きる力を身につけていく

     

     

    保育計画

    1歳児
    • 戸外で自然に触れ、興味や関心を持つ
    • 身の周りの大人や子どもに関心を持ち、関わろうとする
    • 友達と関わりながら相手の気持ちを大切に元気に遊ぶ
    2歳児

    3歳児

    • 戸外で身近な自然や動植物に触れ元気よく遊び、子ども同士だけではなく、大人とも楽しみや思いやりを共有する
    • 人の話を聞きながら、自分の思いを相手に伝える
    • 食事 簡単な着脱、排泄など自立を目指す

     

    1日の流れ

     

    9:00 登園
    好きな遊び
    9:30 散歩
    外遊び
    課外保育
    11:30 昼食
    12:30 午睡
    14:30 めざめ
    好きな遊び
    15:00 おやつ
    好きな遊び
    17:30~ 降園

     

    年間行事

     

    4月 入園式
    5月 こどもの日
    6月
    7月 七夕会
    水遊び
    8月 水遊び
    9月 敬老会
    10月 おべんとう遠足
    11月
    12月 クリスマス会
    1月 お正月会
    2月 節分
    豆まき
    3月 ひな祭り

     

    給食について

    成長に合わせて、具材の大きさを調整し、様々な味を体験できるように味付けを薄味にすることで、素材の味を感じられる給食を提供しています。
    また、一人ひとり声をかけて無理のない範囲で、様々な食材にチャレンジし、苦手なものを克服できるように、調理の工夫を行います。

     

    アレルギー対応について
    医師の診察に基づいた「アレルギー除去食」の提供を行っています。「申請書」「指示書」を提出してください。

    • 給食写真

    緊急時の対応

    ・保育中に容態の変化があった場合は、あらかじめ保護者が登録していた緊急連絡先に連絡をし、必要に応じて主治医へ連絡をとるなど措置を講じます。保護者と連絡が取れない場合は、児童の身体の安全を最優先させ、当施設が責任をもって対処します。
    ・職員全員が救急救命法を習得かつ訓練を実施し、それに則り、対処します。